2011年12月31日土曜日

東京モーターショー⑭ - メルセデス・ベンツ

メルセデスはとても力が入っていて、日本に輸入しているほとんどのモデルを展示していたと思います。
メルセデスも興味はあるので全部見ようとしましたが、本当に展示車が多く一部のコンセプトカーを見逃しました...


SLS AMG ロードスター
低く、幅広く、鼻が長い。かなりのオーラを出していました。スーパーカーにしてはごくシンプルなデザインですが、好感が持てますね。


Sクラス
これを間近で見られる機会は意外とないので、じっくり見てきました。やっぱりSクラスはいいですねぇ。メルセデスの最高級車。


CLS63 AMG
メルセデスで一番好きなのがCLS。カッコよ過ぎます。パーフェクトですよ。この格好良さにはビーエムも敵いませんw

無駄なラインがなく、溜め息が出るスタイリッシュさ。その辺のクーペよりもカッコいい。


C63 AMG クーペ ブラックシリーズ
Cクーペのスパルタンなモデル。とにかくフェンダーの張り出しに目がいってしまいます。



コンセプトAクラス
次のAクラスはBMW1シリーズみたいなカタチになるようです。Aにしては大きすぎないか??


Cクーペ
普通のCクーペ。ビーエムはセダンとクーペで顔を変えていますが、Cは変えない...私には手抜きに感じます。
それと、これもつや消しカラーですが...ドイツメーカーはつや消しを流行させたいのでしょうか?手入れが大変とトップギアで言っていましたが。


SLK
イケメンですね。


Cセダンのキーが開いていたので、座らせてもらいました。人生初のメルセデスはC!さすが質感がすごいです。


GLK
輸入開始時に構造上の問題で左ハンドルしかない、と聞いた時点で「売れないな」と思っていましたが、やはり全く見かけないメルセデスになりました。私は嫌いじゃないんですけどね。

Gクラス
何故これが日本で人気があるのか...元軍用車なのに、日本では高級車ですよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿