2016年2月29日月曜日

2015年7月から2016年2月までのちょい乗り特集

タイムズカープラスは15分程度のちょい乗りであれば料金がかからないので、気分転換に乗るようになったが、ドライブとは言い難いので今後もこのような形でまとめて記録することにしたい。

・トヨタ ヴィッツ(07/20)
まだ配備されたばかりでピカピカだった。

・トヨタ ノア(8/13)
カローラが天地方向に大きくなっただけのような運転感覚で、運転はしやすい。特筆すべきところもない。減速時、停止直前の「ウィーン」という回生ブレーキか何かの音が耳障りだ。

・スバル インプレッサスポーツ(9/7)
北海道から帰ってきて、再会。

・トヨタ パッソ(9/24)
ヴィッツより小さなモデルがどのような乗り味かと気になったが、軽自動車が大きくなっただけとしか思えなかった。操作系はヴィッツより軽く、「エンジンと一緒に乗っている」ことを意識させるほど騒々しいエンジン音、ロードノイズも盛大に聞こえる。近距離専用車。

・スバル インプレッサスポーツ(10/6)
これはちょい乗りではなく、少し距離を伸ばして多摩湖まで行った。しかし夜間なので何も見えず。

・BMW 116i(10/27)
タイムズカープラスにて残り2台となったのを見て久々に乗りたくなり、様子を見に来た。やっぱりいいなぁ。

・MINI ONE(12/14)
1時間無料券を消費するために。

・MINI ONE(01/07)

・トヨタ ヴィッツ(02/14)
よく利用していたステーションが閉鎖されて老人ホームが建つことになったので、乗り納め。

・スバル インプレッサスポーツ
よく考えると、この車もアクセルをちょっと踏んだだけでピョンと飛び出すタイプだった。この制御さえなければ最高評価なのだが...

・スズキ スイフト(02/16)
まだ新車の匂いがするスイフトを見つけた。内外装ともにピカピカで気分が良い。

・ホンダ フリード(02/19)
ステアリングがスカスカなことしか印象に残らなかった。

・マツダCX-5(2/24)
CX-5が惜しいのは、シートのクッションが柔らか過ぎて体がポンポン跳ねるところ。サイドサポートは明確に硬いのに残念。あとはこの車に限ったことではないが、障害物センサーが逐一ピーピーピーピーとうるさくて堪らず毎回オフにしたいのだが、スイッチらしきものが見当たらなかった。わざわざ死角の増えるSUVを選んで、障害物センサーに頼らないといけないなんて情けないとは思わないのだろうか。

・スズキ ソリオ(2/28)
新型ソリオがタイムズカープラスに登場。ステアリングのギア比がスローになり、遊びが大きく、パワステはスカスカになり、路面からのインフォも皆無。直進しているだけで不安になれる車に変貌した。

0 件のコメント:

コメントを投稿