2014年3月31日月曜日

BMWとの再会 Part5 - BMW 116i

5. 外装解説

「解説」とはしたが、私が撮った写真を並べて特徴等を紹介するだけになると思う。順番に見ていこう。


前から見る。ノーマルモデルでもスポーティなデザイン。流行のつり目でない穏やかな表情には好感が持てる。少しファニーな顔と感じる人がいるかもしれない。



斜め前から。造形は複雑だが、どの角度から見てもプロポーションは良い。ライバルのVWゴルフ等と比較してボンネットはより低く、長い。最低地上高もかなり低め。



サイドから。特徴的なのはやはりフロントタイヤからリアタイヤにかけてのアーチ状のラインだろう。このラインが全体の安定感や低重心のイメージをもたらしてくれるので、お気に入りのポイント。しかし次期型では消滅してしまった。



斜め前の低いアングル。この角度で見ると、どっしりと低く構えている様子がよくわかる。リアフェンダーが主張しすぎない程度に膨らんでいるのが後輪駆動ならでは、スポーティ。



後ろから。テールライトの形状は独特で、形を表現しづらい。リアハッチを横切る2本のラインが印象的。(タイムズカープラスの黄色いステッカーが邪魔...)



おなじみキドニーグリル。前期型は尖った形状で、後期型になり角が取れた。



タイヤは16インチのランフラットタイヤ、ADVAN Sport。サイズは表記によると195/55RF16。このホイールは1シリーズに一番よく似合うと思う。スポーク表面は綺麗だが、少し内部に行くとダストで真っ黒。最近はこのスポーク内側を黒く塗装したホイールもあるし、これはこれでスポーティに見えると思うんだけど。



リアドアはガラスが大きいので視界が良い。サイドを走る1本の太いラインが目立つ。BMWの給油口は全て右側らしいが、統一しているのだろうか。



ロゴマークは最小限でシンプル。リアハッチだけでも造形が美しく、素晴らしい。



116iのロゴ。折角かっこいいデザインなのに、iが上下くっついていてあまりiに見えないと思うのは私だけだろうか。116iは最廉価グレードだから恥ずかしいという理由で剥がす人をよく見かけるが、その程度のことを気にしている方が恥ずかしいと思う。BMWをただの高級ブランド品と思っているのかな。BMWはBMWだから。



近年のBMWはBMWエンブレムを押してトランクを開く。知らない人が見たら驚くこと必至。取っ手を省けるのでデザイン性は上がるが、あまりBMWエンブレムにベタベタ触れるのも気が引ける。



テールパイプは素地むき出し。スポーツカーではないし、ノーマルなので音は特筆するものではない。


<目次>
Part1 - BMWとの別れ
Part2 - 116iとの対面
Part3 - 箱根ターンパイクと伊豆スカイライン
Part4 - 熱海ビーチラインから新宿へ
Part5 - 外装解説
Part6 - 内装解説
Part7 - 初めてBMW1シリーズを運転して

0 件のコメント:

コメントを投稿