2017年2月27日月曜日

小型二輪AT限定免許取得への道のり(5)

二度目のシミュレーターは、なんとバスの脇から飛び出した歩行者に衝突するというベタなミスをやらかす。ゆっくりバスの前方に出たのに、あれ絶対わざと衝突するように構えてるよね。

そして5日目にして早くもみきわめ。もう少し勢いをつけてメリハリをもって走った方が良いと言われてしまった。確かにのんびり走ってばかりで慎重過ぎたようだ。

残すところは検定のみということで、お世話になったホンダ・リードと写真を撮ってもらった。

少し期間が空いてからの卒業検定。私は唯一の小型ATだからか最後の順番なので、他の人の検定の様子を30分くらい眺めていた。待ちに待った私の番の頃には、通常であれば教習が終わりに近づく時間なので徐々に他の教習車が減り始めていた。これなら走りやすくなるだろうとリラックス。特にミスをした感覚もなく、普通にコースを回って検定は終了した。

結果は合格。私と一緒に検定を受けた方々も全員合格ということでインストラクターも喜んでいた。具体的な評価は、一本橋が1秒早かった以外はとてもよくできていたとのこと。一本橋は落ちないことを優先したため秒数は全く気にせずに通過したので予想通りだが、もし一本橋も5秒乗っていれば減点なしで100点満点だったということだろうか。ここまで高評価なのは最後にして初めてで嬉しい。

免許センターに行くと、ただの書き換えなので1時間少々で終わった。有効期限のための更新ではなく期限内の書き換えだからか、古い免許証は「交換です」と言われて回収されてしまった。折角免許を取得して喜ばしいことなのに、免許証コレクションの夢が早くも潰えてしまいちょっと悲しい。事前に写真を撮っておいたので何とかセーフではあるが。

0 件のコメント:

コメントを投稿