2017年2月17日金曜日

小型二輪AT限定免許取得への道のり(2)

5日ぶりのバイクは、春一番の強風が吹く中となった。前回、初回ながら既にS字・クランク、一本橋までを体験しており、今回は前回の復習に加えて坂道発進や急制動、そして2種類の検定用コースを回ることに。

坂道発進はATなので簡単。急制動も「急」と言えど私の感覚ではあれは急ブレーキではなかったので問題なし(本気で握るわけではないし、そうすると転倒するのだろう)。小回りするとき等の低速でのふらつきは、進行方向の遠くを見ることで軽減できる。今回の反省点を一つ挙げるとすれば、一本橋の時に強風でビビってしまい腕がピンと伸びた状態で挑んだため、すぐに落ちてしまったこと。その後は腕をゆったりして挑むと今まで通りクリア。

緩やかなカーブを軽くバンクさせてスムーズに抜ける時はなかなか爽快だ。

第1段階はもう終わり。次回以降も検定コースをひたすら回る教習になるという。

0 件のコメント:

コメントを投稿