2014年5月31日土曜日

トップギア シリーズ21-3が日本で放送されなかったのは何故?

トップギア シリーズ21-3が日本で放送されなかったのは何故?

英Top Gearは日本においてはBSフジで放送されている。現在は最新のシリーズ21が放送されているが、TV欄をくまなく探しても21-3は見つからず、結局放送されなかった。放送予定変更を見逃したか?と焦ったが、どうやら違うようだ。私は我慢できず、本国版を見させてもらった。すると、日本で放送されなかった理由は少し考えてみれば簡単に絞ることができる。

放送を控える原因となったのは、恐らくウクライナのチェルノブイリ原発へ行くシーンがあるためだろう。ジェレミー達がそれぞれコンパクトカーに乗り、チェルノブイリ原発へ向かう道中でガス欠になるかを競うシーンだ。結果としてはハモンドは原発に入る前にガス欠になり、ジェレミーとジェームズは原発の立入禁止区域まで入っていくことになるが、BSフジはこの原発が絡むシーンを放送したくなかったのではないかと思う。

舞台は日本ではないが、あの福島原発事故を想起させるようなシーンが続き、原発についての解説やセリフも多く、ガイガーカウンターがピーピー鳴る21-3を放送するわけにはいかないとする言い分はよくわかる。チェルノブイリのシーンは比較的長い尺を与えられているので、部分的にカットすることができない。もしこれをいまの日本で放送すればまず某電力会社が黙らないだろうし、あの辛い原発事故を思い出してしまったと苦情を言う視聴者もいるかもしれない。まぁ初めから原発に否定的な番組をフジテレビが放送するわけがないのはわかっているが、そこには触れない。

確かにトップギアはアブナイ内容も多いが、トップギアの視聴者は毎回のように登場するブラックジョークに苦情などせず理解して見ているはずだし、私もただ純粋にトップギアを見たくて見ているだけだから、こんな政治的な問題に左右されないで欲しいというのが正直なところだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿