2014年1月30日木曜日

スピッツ 小さな生き物 1月30日NHKホール JAMBOREE TOUR 2013-2014


2014年1月30日に東京NHKホールで開催された、スピッツのJAMBOREE TOUR 2013-2014 小さな生き物に参加してきました。スピッツのコンサートは3年前のとげまる2011ツアーで初めて参加し、横浜サンセットを含め三回目になります。とげまるの時は緊張と感激で頭が混乱し、気がついたら曲が終わっていた...なんてこともありましたが、三回目にもなると大分慣れてきて、余裕を持って心の底から演奏を楽しめるようになってきました。とは言え、今回のアルバム小さな生き物はかなりお気に入りのアルバム(ライブ後は一番好きなアルバムにまで昇格♪)でしたから、当日は緊張のあまり試験でもないのに食欲が無く、朝から腹痛まできてました(笑)。アルバムの中でも特に好きな曲「未来コオロギ」は事前に調べた結果、演奏される可能性が高いということで、とにかく私の中で期待度はかなり高かったのです。

会場には開場30分前に到着。丁度暖かい日が続いていたので外で待つのも余裕でした。開場してグッズ売り場を横目に真っ直ぐ向かったのは、奥にあるCD・DVDコーナー。3年前はここでDVDを購入すると直筆サインが入手できたので、今回はまだ放浪隼純情双六を持っていなかったこともあり期待しましたが、対象は小さな生き物のCDのみでした。ここに来る人は小さな生き物は持っているのが普通でしょうに、何故また買わせようとするのでしょうか。サインは欲しいですが、3年前にも貰っていますし、残念ながら諦めてグッズ売り場へ戻りました。欲しいグッズを買い、ホールへ。

まだライブが始まってもいないのに興奮が高まっていた私は、ここで何気なくパンフレットをめくって思いました。「ファンクラブ3,500円は安いかも!」始まるまで時間があったので、ブースへ行きそのままスピッツベルゲンに入会!ついにファンクラブ会員です!

入手したグッズは、写真左からファンクラブ会報86号、ツアーパンフレット、イヤホンジャックキーホルダー。今回はTシャツ等はデザインがあまり好みでなかったので、前回迷って買わなかったパンフレットを買ってみました。


3年前は3階のほぼ最後列でしたが、今回は2階のほぼ最前列!メンバーの顔もよく見えて最高でした。1曲目の
小さな生き物が始まり、けもの道、三日月ロックその3と続きます。とても盛り上がり、なんてロックなのでしょう!私はというと、ノリながらも多くの曲で目に涙を浮かべて聴いていました(笑)。3年前、スピッツの生演奏を聴いた初めての曲はビギナーでしたが、当時も感激のあまり涙がどっと溢れてきていました。感動で泣ける音楽は、スピッツだけ!

結局、今回演奏された曲はほぼ全てが私のスピッツランキング上位に入るような大好きな曲ばかり。未来コオロギも聴けました。アルバム以外からの曲は古めのものが多く、名前をつけてやるや恋は夕暮れ等、まさか人生の内で生演奏を聴けるとは思っていませんでした。他にも書きたいことは山ほどありますが、きりがないので...例えばディスコ風MCからの「女々しくて」がとても面白かったです!スピッツの曲かのように上手かったので是非カバーして欲しいなと思いました(笑)。いや、マサムネは何を歌っても素晴らしいんでしょうね!

目の前で本物の、憧れのスピッツが演奏している!耳がおかしくなるくらいの大音量!みんなカッコイイ!あまりに気持ち良かったライブは、1曲1曲を丁寧に聴く余裕もあったのでとても長く感じました。最後の曲も大好きな曲、君は太陽で終わり、燃え尽きて悔いが残ることもなかったですね。3年前は前述のように緊張しすぎていたので。ライブ前日になり今夏のアリーナツアーが発表されたので、次は武道館ですね。今回は一人で参加しましたが、嬉しいことに友人がスピッツを気に入ってくれて、次は一緒に行けることになりそうです!

セットリストです。運命の人は21世紀バージョン、エスカルゴはキーが半音高いものでした。


3年前は目立つように青い服で聴いていたのですが、今回はクリーム色に。メンバーから見えたかな?!

0 件のコメント:

コメントを投稿