2015年5月23日土曜日

スピッツ GO! GO! SCANDINAVIA VOL.6に参加した!

5月23日、お台場のZepp Divercity Tokyoにて行われたスピッツのファンクラブ限定ライブ、「SPITZBERGEN TOUR 2015 GO! GO! SCANDINAVIA VOL.6」、通称「GOスカ」に初めて参加してきました。あの興奮と感動が冷めぬうちに、ここに記録を残しておこうと思います。全ての曲について触れるとかなりの長文になるので、特に印象的だった曲やMCを中心に触れることにします。


内容に関して、ネタバレを多分に含みますのでご注意ください。




ゴースカに初参加というだけでなく、ライブハウスでスタンディングのライブも初めて。整理番号が限りなく一桁に近いチケットが届いても、何の驚きもなく前日まで過ごしました(笑)。座席がないのにどうやって入場するんだろう?と調べたところ、整理番号順に入場すると知ります!もしや最前列に行けてしまうのかもしれない、とわかったのは良いですが、なかなかこの事実が信じられません。

そうこうするうちに当日17時ちょうどに番号が呼ばれ、穏やかに入場し、穏やかに最前列に陣取ってしまいました。競争もなく最前列が取れてしまうとは、下調べしたのと違う結果に。ここ、目の前にメンバーが来るとわかっていても、まだ冷静でいる自分が不思議でたまらず。でも、17時に入場してから開演の18時まであっという間だったので、間違いなく緊張していたでしょうね。

メンバーが登場し、「晴れの日はプカプカプー」からスタート。いきなり濃いですね!武道館で聴けて驚きましたが、二回も聴けるとはありがたいです。

そしてとにかく、メンバーが近い!!!!アンプを通してでなく、楽器の弦のジャカジャカがそのまま聞こえる〜...!熱い視線をメンバーに送りますが、必死に目を合わせまいとするその様子を始め、MCでも、30年近くやっているのにまだまだ恥ずかしがってばかりというか、慣れきってない初心者のような仕草・振る舞いが印象的でした。

いつも通りカタ〜い挨拶のMCが入り、演奏してほしい曲投票の3位を演奏すると。なんと「正夢」でした。正夢は私が最も大好きなスピッツの曲で、武道館で聴いた時は思わず涙しました。まさかこれももう一度聴けるなんて!!

その後、ランキング順位には言及しませんでしたが、「ホタル」のイントロが流れた時は鳥肌が!ホタルはクールな格好良さではトップクラスと思う好きな曲で、それまで微かに口ずさんでマサムネと一緒に歌っていましたが、さすがにホタルはぽかんとして聴いていました。演奏後、さすがに歌うのは大変らしく、ツアーでは面倒で避けてます...歌い終わるとホッとします...と正直な話をしていました。聴いている私からすれば全然つらそうに見えないし、声の伸びが素晴らしく、是非もっと歌ってほしいです!

会場2位は「桃」でした。さざなみCDでも最も好きな曲と言っていいでしょう。爽やかな曲調が大好きです。

会場1位は「魚」。マイナーながら密かに大好きな曲で、演奏してほしい曲にダメもとで入れてみましたが、まさか1位になるとは思いませんでした。会場の人たちと心が繋がったような気分になりましたね笑

普段のライブよりもMCが多く、長めのような気がしました。さすがファン相手だからか、曲名を含む話や過去の話が沢山出てきました。

写真撮影タイムでは、MCだけでなくアンコール終了までずっと撮っていて構わないという嬉しすぎるサプライズが!iPhoneを取り出し、それはもう撮りまくりました。数十分は続いたでしょうか、後で見てみると1300枚も撮っていました。撮影の練習を予めしておいたり、良いアングルで撮れるポジションをさりげなく確保していたのもあって、プロのようなカッコイイ写真が撮れて最高でした。特にお気に入りの一枚はiPhoneやMacの壁紙にしています。実はアンコールで新曲を披露してくれたのですが、撮影に夢中で肝心の曲を全く覚えていないという、失礼なことをしてしまいました。曲調は何となく覚えていますが、可愛らしい感じだったと思います。

まだまだ書きたいことは沢山ありますが、あまり時間がないのでこの辺りで締めたいと思います。

ただでさえ私が一番好きなロックバンドだというのに、最前列で、おまけに大好きな、マニアックな曲ばかり!感動と興奮であっという間に時は過ぎ、気がついたらライブが終わっていた、とまでは言いませんが、半分くらい記憶がないです笑

とげまるツアーで初めてスピッツのライブに行った時は、2階席の最後列に限りなく近いところで遠くからメンバーを眺めていたのに、4年後にして上り詰めた気分です。これ以上のライブが今後果たしてあるのでしょうか?というほどでした。スピッツ最高です!!

0 件のコメント:

コメントを投稿