2014年7月17日木曜日

ニューデミオのデザインは?...アテンザ

新しくなったデミオ。そのデザインはコンセプトカー時代から話題になっているが、私が見た感想は...好きになれない。

まず無駄なほどラインが多くて、それぞれのラインが関連しているならまだしも、どのラインも好き勝手な方を向いていて、端正さとは程遠い。そして、太い針を目に刺したような顔は気味が悪いし、攻撃的過ぎる。同じような顔でも、アテンザなら全体のバランスも良くてかっこいいが、アクセラ、デミオと小さくなるのに同じ顔だから寸詰まり感が増してよろしくない。




内装は写真で見る限り質感はかなり上がっているように見える。デザインもいいから運転が楽しくなりそう。先代はプラスチック感が溢れていたから、大いなる進歩だと思う。でも、センターコンソール上のダイヤルはBMWのiDriveのパクリそのものですね。あからさまなパクリですね。




そんなことより、アテンザですよアテンザ!その辺の欧州車よりも欧州車らしいというか、とにかくかっこいいよね。日本車としてはあり得ないくらいバランスの取れたデザインで、伸びやかで存在感がある。お気に入りの日本車。

2 件のコメント:

  1. マツダ顔、いよいよ本格的に定着してきましたね。
    BMWのパクリとは言いつつも、ホンダのようにダサい顔が量産されてるよりは
    断然こっちのほうが好きです。

    大きい車はそう簡単に買えるものじゃないですから、
    「コンパクトカーなんだけど、コンパクトカーっぽくないデザイン」というのは、
    逆に受けるんじゃないかなーと思いました。

    返信削除
    返信
    1. 確かに世間では躍動感溢れるデザインが支持されてますね。気に入らないと言っておきながら、他の写真を眺めていたら「イイモノ感」を感じるようになりましたよ。実車を見ればさらに印象が変わるかも。

      削除