2013年9月28日土曜日

Drive - TOYOTA Vitz ...河口湖


かつて家族旅行の定番の場所だった河口湖へ。
一人で行くことになったため、誰も同乗したがらないようなルートで行きました。山道では同乗者に優しい運転である必要もありません!笑

五日市街道から、檜原街道へ。


ひたすら山道を走り続けます。バイクのツーリング集団がカッコ良かった...というのは、バイク集団が追い越していくときに、最後尾のライダーが残していく左手の合図がとにかくカッコ良くて、抜かせてあげては見とれていました。その後しばらく追い回してみたり。調子に乗って、追いつかれてもそれなりのペースで先導車になってみたりもしましたが、危ないのでするべきではないのはわかっています。単独で走っていても前を走る前車に追いついてしまうことも。追い越しもありで。


県道18号線に。すばらしい天気と景色、最高のドライブ日和。


次は国道139号線。大月に近づくまではすれ違い困難な1.5車線ほどの険しい道が続きます。
深城ダムで休憩。他にロータスエリーゼなどのスポーツカー集団もいました。若葉マークのヴィッツだけど混ぜてほしいです!


そのまま下り...河口湖に到着!
通い慣れたショッピングセンターベルで昼食。富士山まで来て吉田うどんではなく丸亀うどんというのはいかがなものか?
富士山もこの時だけ頭を見せてくれました♪


ちょうどフードコート付近で自衛隊音楽隊の方が演奏会を開いていて、唱歌「富士山」が流れた時は「富士山に来たんだなぁ」と改めて実感が湧き感動してしまいました。


残念ながら富士山観光が目的ではないので、1時間ほど滞在の後すぐに出発します。

帰路につく前に、河口湖大橋を渡ってからの河口湖一周。


途中、大石公園というところに寄ってみましたが、富士山は頭が隠れっぱなしでした。

帰路は国道139〜138(山中湖前を通り)〜413号線(道志みち)。

富士山レーダードーム館。ここくらいは寄りたかったかも。


神奈川県相模原市に着く頃には既に暗く、完全に知らない道なのでそこから東八道路まではナビに頼らざるを得ませんでした。でもナビ画面が明るく光っているのは嫌いなので、紙で画面を覆ったらいい感じ。画面OFF機能があればいいのに。
忘れられないのは、ドライブも終わりが近づく頃、カーグラフィックTVの昔のエンディングテーマを聴きながら、赤いテールライトをつけた他の車と共に多摩川を渡るときのあの場面。文章力のない私には表現できないあのロマンチックさ!


8時に自宅を出発し、河口湖に着いたのは14時。15時過ぎに河口湖一周し、16時頃山中湖前後で渋滞に巻き込まれ、相模原市に帰ってきたのが18時前。自宅まで戻ったのは20時前。風邪を引いて熱が37℃あり食欲もないという最悪のコンディションの中、10時間は運転していたことになります。自分でも驚いています。こんなドライブは一人でないと出来ないでしょう。あと車馬鹿であることは重要ですね。走行距離は289km、燃費はあれだけ攻めた割には14.7km/lとなかなか優秀でした。

今回の車は、前に奥多摩小旅行に行った時と個体は違いますが同じヴィッツでした。一人で乗っても変わらず加速は鈍く、ただ5名乗車と違ったのは40~60km/h追い越し加速が可能だったところでした。操作感覚にも大分慣れてきて、あれだけ嫌っていたCVTにも違和感をあまり感じなくなってきました。良い車です。3気筒ヴィッツでいいから自分の車が欲しい、でもヴィッツでは今乗っているレンタカーで十分ということになってしまう...そろそろ久しぶりにMTに乗りたいです。次はどこへ行こうか、今から楽しみにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿