2013年5月1日水曜日

月額490円でiPhoneを持つ

今までスマートフォンを否定し続けてきた私がiPhoneにするのは複雑な気分です。スマートフォンを否定する理由は三点、

・維持費
・依存症
・バッテリー


・維持費
もともと携帯電話にはなるべくお金をかけたくありませんので、パケットし放題にせず、メールは裏技を利用して受信無料とし、月1500円程度に抑えてきた私からすれば、スマートフォンのアホみたいに高額なパケット定額は絶対にあり得ませんでした。詳しくは知りませんがソフトバンクiPhoneは通常月7000円くらいかかるそうで、年間84000円、5年使うと42万円!!

・依存症
私が最も恐れているのがこれです。電車で周りを見渡せば明らかでしょう。路線や時間帯によっては、7人掛けの座席に座っている7人全員がスマートフォンとにらめっこしていることもあるくらいで、実に奇妙な光景です。ただでさえ疲れている夕方にあの小さな画面を見ていたら、さらに疲れてしまいます。駅の階段を下りながらスマートフォンを見ている人などは、後ろが詰まってかなり迷惑しているのにもはや気がつきません。あまりの便利さで、スマートフォンがないと不安になる人さえいるとも聞きます。私はスマートフォンに生活を左右されるような人にはなりたくないのです。

・バッテリー
私の携帯電話は一日数件のメールを送受信する程度で、1〜2週間持続します。一方でスマートフォンは、使いまくっていると半日もたないとか。これでは緊急時に役に立ちませんね。


今回iPhoneにできたのはこれらが解決できたから、ということです。

維持費に関しては、今密かに人気が上昇している格安SIMの利用で解決できます。回線速度が限界まで遅くされている代わり、月額料金がとても安いのです。有名なのはイオンが販売している通称イオンSIM。私は現在最も安価なDTI SERVERSMAN SIMにしました。これは月額490円で、極低速ながらドコモの回線が利用できます。
実際、携帯電話ではメールしかしなかった私には低速で十分ですし、youtubeが全く見られないなどスマートフォンの性能を活かしきれない面はあるにしても、これなら確実にスマートフォンへ依存せずにすみます。
バッテリーのもちが悪いと言われるのも、最もバッテリーを消費する要因の一つが液晶画面と言われていますから、ずっと画面をつけていればそれはすぐバッテリーが減るでしょう。依存しなければバッテリーもある程度もつはずです。



残念なことにこの格安SIMはデータ通信専用で、通話ができないようになっています。このことから携帯電話は通話&SMS専用機として残し、iPhoneと二台持ちすることにしました。まさか二台持ちになるとは全くの想定外で、知り合いにも「二台持ちすげー」と驚かれます。しかし実は、私の利用方法の場合、携帯電話一台持ちより安くなるのです。


<携帯電話のみの場合(2013年4月)>
・ホワイトプラン 980円
・S!ベーシックパック 315円
 (数件メール送信+ウェブで大学ポータル閲覧)800円
合計 2095円

<携帯電話とDTI SIMを利用したスマホ二台持ちの場合>
・ホワイトプラン 980円
・DTI SERVERSMAN SIM 490円
合計 1470円


普段は2000円を切っていたのですが、1度だけ大学ポータルサイトを見たのがきっかけで2000円を超えました。これに対し二台持ちでは、こちらから通話さえしなければ、地図を見ようがニュースを見ようが路線情報を調べようが、月1470円を維持できるのです。この差は地味ですが侮れません。




ちなみに、数あるこの格安SIMは恐らく全てドコモの回線を利用するはずで、ドコモのSIMが使える機種でなければなりません。当然ドコモからiPhoneは販売されていませんので、私がとった行動はアンドロイドに浮気する...のではなく、「SIMフリーiPhoneを入手する」でした。SIMフリーiPhoneは非常に高価で、新品には手が出せませんから、ヤフオクで中古を入手しました。

iPhone 4Sです。キャリア名がNTT DOCOMOになっています。電波強度が表示されないのは仕様ですので仕方ありません。

使い始めはとても良好です。メールや普通のサイトを読み込む程度なら少し遅く感じる程度でストレスなし、Radikoは聞けませんがNHKらじるらじるは聞けます(むしろNHKしか聞かないのでよし)し、youtubeはエラーになります(非公式を試せば変わるかも)がニコニコ動画はじっくり待てば再生可能です。電波自体もさすがドコモの強さを実感しています。このままうまく行けば、ソフトバンクのS!ベーシックパックを解約する予定ですね。本当はホワイトプラン980円もなんとか安くしたいところですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿