2011年10月19日水曜日

白いiPod touch

iPhone4、iPad2に続々とホワイトが登場し、そろそろiPod touchにもホワイトが出ることを期待していました。

長い間MacやiPodはホワイトが基本だったので、MacBookやiPod classicのようにアルミ製が基本になり、シルバーしかないのはイヤでしたね。私はホワイトがいいです。

そして例年より1ヶ月遅れて10月に発表された2011年モデルには、予想通りホワイトが設定され、購入意欲が...

Amazonで買おうとしましたが、ホワイトは予想外に人気で、発送時期が未定、予約していた人もまだ買えていないようなのです。

今手元にある第2世代のスリープボタンの反応が悪くなっていたこともあり、もう待ちきれずに渋谷のアップルストアに買いに行きました。

せっかくアップルストアに行くわけですし、値引きされるAmazonやヨドバシではなく定価で買うのですから、アップルストアならではのサービスを楽しんできました。iOS5の説明を受けたり、店員と雑談したり。



左は第2世代、右が第4世代2011年ホワイトモデル。
動画を楽しみたいので、余裕のある32GBを選択。24,800円。

私のiPodコレクション。
左からiPod classic、iPod touch2G、iPod touch4Gwhite、iPod nano1G、iPod shuffle1G。

裏面。ケースつけない主義なのでキズはけっこうあります。

4世代からカメラがついたので早速撮ってみる。まぁこれはひどい画質ですこと...

↑2世代と4世代の画面の比較↓

Ratinaディスプレイはめちゃくちゃキレイで、いまさらですが感動しました。このディスプレイを手に入れるだけに買ってもいいくらいですね。
モックアップ?!と疑いたくなるくらい。ホントに。
このディスプレイに慣れてしまうと、classicや、ケータイ(830CA)でさえ画質が悪く感じられてしまいます。

個人的に、iOS5で最も重宝しそうな機能は「Wi-Fi経由でiTunesと同期する」でしょうかね。
USBに繋がなくても同期できるのはとても便利そう。

通知センターやiMessageなどの他の新機能も多くありますが、使いこなせるかはまだわかりません。


今まで、iPodを買ったらまず画面にシールを貼り、ケースに入れて〜というのが基本でした。しかし使い込むうちにケースが煩わしくなり、いつも外してしまいます。
しかも、父のiPhoneは画面にシールを貼っていませんが、キズが一つもつく様子がなく、指紋も付きにくくなっていました。シールを貼っていた私のiPod touchはというと、シール自体がキズだらけになり、指紋も消えません。

どうやら、ガラス面よりもキズ防止のシールのほうがキズがつきやすいようです。ということで、今回のiPod touchから、完全に素の状態で使っていきます!

0 件のコメント:

コメントを投稿