2016年7月9日土曜日

自分の好きな車のテーマ曲を決めよう

ドライブには欠かせない音楽。私のドライブでは、いつもその時の気分に合わせて聴きたい曲を選び、プレイリストを作成しておくのが恒例となっている。そして実際に聴きながら走っていると、そのシチュエーションにぴったり合った曲が、ちょうど良いタイミングで流れることがよくある。こういう曲は、後日になって改めて聴いてみると、当時見て感動した景色や車の乗り味が鮮明に思い出されるので、ドライブを終えた後でもおまけとして楽しむことができる。

そんなドライブ・ミュージックに選んだ曲は、実に800曲を超えている。その中でも特に印象的だった曲は、また同じ車種に乗る際や同じ行き先の際に合わせて流すようになり、いつの間にか定番になった曲も数多い。曲によっては、その車のテーマ曲として位置づけたくなるほどのものもある。今回はその代表的な曲を挙げておこうと思う。


BMW E87 1-Series
Breaking Benjamin - Angel Fall


BMW R56 MINI
Muse - Panic Station


Subaru IMPLEZA SPORT
T.Rex - Children of the Revolution


Suzuki SWIFT
Pixies - Magdalena




東日本ツーリングでは、Top GearのBGMのように行程に合わせたプレイリストを毎日作成していた。旅の始まりに合わせて気分が盛り上がる曲を、旅の終盤には哀愁漂う曲を、というように。例えば、"She Will"は自宅を出発する際の、旅の1曲目にしようと決めていた曲である。結果的に、北海道の景色に合った独特の曲が印象に強く残り、特に"North, pt.1"や"Cinematic Orchestra - Entr'acte"は聴くと北海道にいる気分になれる思い出深い曲だ。"Thoughts Of A Dying Atheist"は旅の終盤、北海道を去って大間港を出た時の複雑な気分の中で聴いた曲である。これらはほんの一部だが、一生忘れないだろう。

Savages - She Will


新山詩織 - 今 ここにいる


Ginormous - North, pt.1


Cinematic Orchestra - Entr'acte(動画内9:30〜)


ELLEGARDEN - Can you feel like I do


Muse - Thoughts Of A Dying Atheist



ドライブ・ミュージックを選ぶ際にお世話になったのがTop GearのBGMだった。Top Gearは息の合ったトリオ、撮影の技術と並んで、音楽選びの秀逸さも魅力の一つである。シーンに合った音楽を選ぶのが非常に上手いため、気になる曲が流れるといつも調べさせてもらっている。すると、時々YouTubeで再生回数がほとんどない曲が出てくることもあって(コメント欄は"Top Gear brought me here"で溢れている)、良い意味で呆れてしまうほど。振り返ってみると、上記に挙げた曲の殆どはTop Gearで流れたものだった!

しかし、最近はあまりドライブ中に音楽を聴こうと思わなくなった。手持ちの曲を殆ど聴き尽くしたこともあるが、音楽が無い方が運転により集中できるという事実もあるのだ。実際、音楽を流していても、運転に完全に集中している時には頭に音楽は入ってこなかった。その中で、音楽を流したままにするよりも、車だけに集中したいと考えるようになったと言える。車と対話するかのように、じっくり集中して走る、それが今の私の車の楽しみ方である。


ちなみに、次の長距離ツーリングの1曲目はもう決めている。いつになったら行けるのかわからないが...

0 件のコメント:

コメントを投稿