2013年11月22日金曜日

番外編 300mドライブ - NISSAN CUBE

格安レンタカーの落とし穴にはまりました。
いつものようにレンタカーを受け取り、いざ車道に出ると、何だかハンドル操作に違和感が。すぐに右折するために右折レーンに入って少し直進しようとすると、違和感の正体がわかります。なんと、直進状態でハンドルが左に30度は傾いているのです。

すぐさま脇に寄せて止め、店舗に電話。これはどういうことか、と。店員が一旦戻って見せてくれと言うので、戻って説明。しかし、帰ってきた答えは「整備はしっかり行っているので、これで問題はありません」。私が「では仕方ないのか」と訊くと、「そういうことになります」。キャンセルを希望した場合どうなるかと訊くと、キャンセル料がかかります...と。

一旦は問題ないという言葉を信用し店を出ますが、やはり納得がいきません。普通に走っていてハンドルが直進からズレるような車は、どう考えても普通ではないし、事故車のまま修復していないのではないか、調整程度で直るなら何故直さないのかなどと考えた瞬間、すぐに脇に止め、少しキレ始めていた私は再度店に電話。問題がないはずがありません。やはり違和感が強く納得がいかないから、代わりの車を用意してほしいと伝えると、店側はもう空きはないと言います。その後はもう質問攻めです。この不具合は店側は把握していたのか。他に不具合を指摘した客はいなかったのか。直すつもりはないのか。そこで脳裏にトヨタレンタカーが浮かんでいた私は、改めてキャンセルを希望しました。すると今回はキャンセル料なしで代金を返金するとの返答が。即座にトヨタレンタカーを予約し、格安レンタカーの車は無事キャンセルとなりました。

店員はハンドルのずれは気にならなかったと言いましたが、最終的に全額返金に応じたということは、ハンドルのずれが不具合であることを認めた証拠であると思います。事前に「少し〜不具合があるのですが走行に問題はありませんのでご了承ください」くらいの説明があればまだ良かったかもしれません。受け取って一般道に出て初めて不具合に気づくのでは、いくら何でも危険ではないでしょうか。買い物程度で借りるような、車に興味のない人ならハンドルのずれくらい気にならないのかもしれません。でも車を運転することそのものを楽しみとしている私にとっては、あれはとても耐えられるものではありませんでした。格安レンタカーにはこのようなデメリットもあると勉強になりました。


たったの300mしか運転できなかった今回の車は、日産キューブでした。トップギアでジェレミーが酷評していた車です。確かに軽すぎるハンドルや極端なカックンブレーキなど酷いこと尽くめでした。このようなのばかりでは日本車嫌いが加速してしまいます。ついでに言えば、装備されていた社外CDプレーヤーの照明が下品でこれも酷かったです。



画像はカーセンサーより。

0 件のコメント:

コメントを投稿