2013年10月30日水曜日

日光〜戦場ヶ原ドライブ - SUZUKI ALTO Lapin

西は河口湖、東は房総半島と来たら次は北へ。今回向かった先は、日光。小学生の修学旅行で訪れた戦場ヶ原にもう一度行きたくて、行ってきました。戦場ヶ原は栃木県日光にある湿原です。

日光へは国道4号を使い、日光街道からいろは坂を通ります。平日だと言うのにいろは坂だけは大渋滞。途中ニホンザルの群れに遭遇!


東京から一般道を5時間弱もかけて中禅寺湖まで来ました。




紅葉が良い感じです。


車を停めて眺めたいところですが、先を急ぎます。時刻は15時近く、17時には暗くなってしまいますから。日光に来たというのに、東照宮にも華厳の滝にも寄りません!


冬の景色になってきました。日本ではないみたい。


辺りが開けてきました。これは!


目的地、戦場ヶ原に到着です。


ここで今回の主役、スズキの初代アルト ラパンくんを撮影。レトロでとにかく四角く可愛いスズキの軽で、女性をメインターゲットにしていますが、男性の私でも好きな車です。ラッキー!


恐らく小学生の時に歩いたであろう、歩道を歩きます。行けるところまで。








完全に冬の景色。いつも一人で歩く時は音楽を聴きながらの私でも、今日は自然の音を聴きながら行きます。私の大好きな濃厚な森の匂いが満ちていて、出来ることならずっといたかったです。マフラーや手袋を持ってくれば良かったと思うほど寒く、そのせいか私の他に人はほぼいませんでした。これが世界を独り占めしているかのようで良かったのですが!




素敵な川が流れています。






白樺も大好きです。




ため息が出るような景色ばかりで、狂ったように写真を撮り続けました。


厳しい寒さのせいで木が伸びないのだとか。


野鳥も見られました。雨が降り出し、本当に誰もいなくなったので動物がいて少し安心。凍えるような寒さと風が吹き始めたので、3/4進んだところで引き返しました。


急いで車に戻り、暖房で暫し暖まります...車内もクラシカルでお洒落。


ここからは日本ロマンチック街道をずっと西へ向かいます。残念なことにすぐに暗くなってしまい、また誰もいないので真っ暗なワインディングロードを楽しみました。ここで崖崩れにでも遭ったら助からないだろうな...というくらい車が少なく、ずっとハイビームでも問題ないほど。
1時間ほど走って群馬県沼田市に入ったものの、寄るところも思いつかずそのまま前橋を目指します。前橋駅付近まで来たもののやはり寄るところは浮かばず、国道をかっ飛ばし東京へ帰ることにしました。あれだけスピード出るなら高速道路は要りませんね。時刻は22時半、3時間で東京に着きました。私と同様夕飯がまだという父を乗せ、ラーメンを食べて無事に帰宅。

翌朝...返却まで時間に余裕があったので、青梅街道を行けるところまで。


走行距離は400kmを超え、ついに燃料警告灯が点灯!針が目盛りを下回ってもまだ大丈夫ではありますが、さすがに不安が募り引き返しました。


青梅街道上りの渋滞に少し巻き込まれ、返却時間ちょうどに店舗に到着。410km以上走行、ガソリンは24.8L消費しました。燃料タンクは30L強ですから、まだ結構余裕でしたね。非力な軽ならではの「アクセルベタ踏みフル加速」を何度も楽しんだ割には、燃費16.5km/Lは優秀。

久しぶりの戦場ヶ原はやはり素晴らしいところで、湿原が好きだということを改めて感じました。それはもう通いたいくらいです。相棒のラパンくんはエンジン音が結構騒がしく、いろは坂ではさすがに40km/hしか出せません。直進安定性も弱く、荒れた路面では簡単に左右に振られてしまいます。でも路面状態が良ければ80km/h巡航くらいは余裕でこなし、ワゴンR等のハイトワゴン系と違い車高も低いのでキビキビ走ります。何よりデザインがお洒落で良いです。つり目のヘッドライトの車が多い中でこの車は穏やかな表情をしていますし、ロゴがウサギになっていたりして本当にかわいい。少し背伸びすれば運転席からボンネットが見えるのも密かにポイントが高いです。

いつも別れはつらいです。さよならラパンくん!また乗れたらいいな。やはり私は四角い車が好きなのかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿